PR

飲食店の店長が知っておくべきコロナ禍における感染対策必須ツール

コロナ3密対策
知っておくべき感染対策必携ツール

昨今の新型コロナウイルス流行により、飲食店は対策を迫られています。自店から感染者を発生させないためにも、各店舗は感染防止に向けた取り組みは必須です。この記事では、飲食店でできる具体的な感染対策について解説します。また、あわせて感染対策に活用できる便利なツールも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店

従業員やお客など、多くの人が集まる飲食店は、接触感染や飛沫感染のリスクが伴います。いくら従業員が感染防止の対策を行っていても、お客が感染経路となる可能性もゼロではありません。

万が一自店で感染者が発生し、クラスターになってしまえば、営業の継続ができなくなり、最悪の場合経営にも影響が出てくるでしょう。

そのため、飲食店における感染対策は必須だといえます。では、どのような対策ができるのでしょうか。

感染拡大防止のポイント

ここでは、飲食店でできる感染拡大のポイントについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

マスク着用の徹底

感染拡大を防ぐためにも、マスク着用の徹底は欠かせません。従業員への着用を義務付けるほか、お客に対しても食事中以外は着用をお願いするなどして、可能な限り飛沫の飛散を防ぎましょう。店舗で従業員用にマスクをまとめて購入しておくこともおすすめです。

パーテーションを設置

飲食店によっては従業員とお客、お客同士が対面になるケースもあるため、パーテーションを設置しましょう。例えば、カウンターテーブルやボックス席にパーテーションを設置すれば、会話に伴う飛沫感染のリスクを軽減できます。なお、色付きのパーテーションだと圧迫感を感じやすくなるため、透明なものを選ぶといいでしょう。

客席は間隔を空ける

マスクの着用、パーテーションの利用に加え、客席の間隔を空けることも重要です。お客同士の距離が近いと他人の飛沫を吸い込みやすくなり、感染リスクが高まります。そのため、できれば1〜2メートルは客席の間隔を空けるようにしましょう。

店頭で順番待ちや混雑が発生する状況を作らない

人気店の場合、時間帯や曜日によっては、お客が順番待ちの列を作るケースもありますが、順番待ちに伴い人が密集しやすくなるため注意が必要です。

列ができてしまう場合、ソーシャルディスタンスを確保した状態で案内することもできますが、この方法だと人手を割かなければならなくなり飲食店にとっては効率的ではありません。そのため、効率よく行うのであれば、順番待ちシステムを導入するといいでしょう。

混雑回避に活用できる順番待ちシステム

ここでは、順番待ちの発生に伴う混雑状況の回避に役立つ順番待ちシステムについて詳しく解説します。システムの導入を検討している飲食店の担当者は参考にしてみてください。

順番待ちシステム導入のメリット・デメリット

順番待ちシステムとは、お店の受付状況をスマートフォンなどで確認でき、お客の待ち時間削減、混雑回避につながるシステムのことです。ここでは、飲食店が順番待ちシステムを導入することでどのようなメリットが得られるのか解説します。

順番待ちシステムのメリット

順番待ちシステムを導入する一番のメリットは混雑状況の回避ができることです。お客はシステムを通して順番待ちの受付ができるため、実際にお店の前で並んで待つ必要がありません。順番待ちの列ができることもなく混雑回避が可能です。

待ち時間の間、お客は別のお店で買い物をしたり、他の用事を済ませたりもできるため、時間の有効活用になります。

また、順番待ちをしているお客の案内に従業員を割く必要もなくなるため、業務効率化にもつながるでしょう。

順番待ちシステムのデメリット

順番待ちシステムを導入する場合、その操作性に注意する必要があります。これは、システムがお客にとって操作しにくいものだとクレームにつながる恐れがあるほか、他のお店に流れてしまう可能性もあるためです。そのため、システム導入にあたっては、お客にとって使いやすいシステムであるかどうか確認し、導入後も操作方法を詳しく説明する看板を用意するなどするといいでしょう。

まとめ

今回は、飲食店でできるコロナの感染対策について解説しました。マスクの着用やパーテーションの設置、客席の間隔確保、さらには順番待ち回避など飲食店でできることは少なくありません。特に順番待ち回避に関しては、システムを導入することで業務効率化にもつながるため、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。


ライタープロフィール

海外在住のフリーライター

S.K

海外在住のフリーライター

年間4,000以上の業界特化関連記事を執筆。大手ニュースサイトからスポーツ、料理、外食と幅広いジャンルの記事を手掛ける。

タイトルとURLをコピーしました