PR

飲食店マネジメント層が業務効率化を進めるために必要なこととは?

コロナ3密対策
飲食店が業務効率化を進めるために必ず必要なこととは?

飲食店の中には、人手不足に陥っており、業務がうまく回っていない、というケースもあるのではないでしょうか。この記事では、飲食店の業務効率化を進める方法の1つとなるITツールの導入について解説します。人手不足や生産性向上といった課題に悩まれている飲食店オーナーや経営者などマネジメント職の方はぜひ参考にしてみてください。

外食産業は慢性的な人手不足

飲食業界は業界全体で人手不足が常態化しています。特にアルバイトなどの非正規の従業員が不足しているお店も少なくありません。人手不足となると、少ない人数で営業しなければならないため、業務効率も低下してしまいます。また、業務効率が低下すると、お客さまへのサービスの質低下にもつながる可能性があり、結果的に客足が遠のく恐れもあるでしょう。

このような事態を解決するには人手不足の解消、業務効率の向上が欠かせません。そしてそのための手段の1つとなるのがITツールやシステムの活用です。

飲食店がITツール・システムを導入するメリット

飲食店がITを導入することで得られる具体的なメリットについて解説します。ITツール導入に興味がある、人手不足を解消したいといった方は参考にしてみてください。

業務効率化につながる

ITツールを利用することで、それまで人が行っていた業務をツールが代わりに行ってくれるため、業務効率化につながります。例えば、飲食店であれば、予約や注文のシステムや会計システムなどを利用すれば、注文や会計に人手を割く必要がなくなるため、ほかの業務に注力できます。また、ツールが業務の一部を担ってくれれば、少ない人手でもお店を回せるようになるため、人手不足の解消にもつながります。

顧客満足度向上につながる

ITツールの導入によって業務効率化が促進されれば、本来やるべき接客や応対業務に注力できるため、結果的に顧客満足度の向上にもつながるでしょう。例えば、人手不足の中で仕事をしていると、お客さまからの質問に丁寧に答えてあげられないかもしれません。また、料理が届くまでに時間がかかりお客さまをイライラさせてしまうケースもあるでしょう。

一方で、ITツールを導入すれば、業務が軽減されるため、時間にも余裕が生まれ丁寧かつスピーディーなお客さま対応が可能となります。顧客満足度が向上すれば、リピートにもつながるため、お店にとっても大きなメリットとなるでしょう。

コスト削減

ITツールを利用すれば、最低限の人員配置で済むため結果的に人件費などのコスト削減につながります。例えば、ITツールの導入によって注文が自動化されれば、注文を取るための人員を配置する必要がなくなるでしょう。また、会計が自動化されれば、同じように人員を減らすことができます。

飲食店におすすめのITツール・システム

ITツールやシステムと一言で言っても、その種類はさまざまであるため、どれを導入すればいいのかわからない人も多いのでしょう。ここでは、飲食店の業務にも活用できるおすすめのITツール・システムを紹介します。

モバイルオーダーシステム

従来は従業員が直接お客さまからオーダーを伺いメモをとっていましたが、注文システムを導入することで注文が自動化されます。具体的には、お客さまが店頭の券売機や各座席に設置されているタブレットで注文すると、注文内容がそのまま厨房に伝わるというものです。

従業員がオーダを取る場合、注文内容の聞き間違いが起こる可能性もありますが、ツールを利用すればそういった心配もありません。また、注文の手間が減るため結果的に料理が届くまでにかかる時間も短縮されるでしょう。

POSレジシステム

レジもツールの導入によって業務効率化が図れます。例えば、キャッシュレス決済を導入すれば、会計にかかる時間が短くなるため、テンポよく会計業務が進められるでしょう。また、システムによってはお客さまが着席した状態で会計できるものもあります。

これまでは、伝票をお客さまに渡し、お客さまがレジに来て支払いという形でしたが、ツールを導入することでお客さまがスマートフォンなどを操作し、支払いを済ませることができます。

近年では、キャッシュレス決済が普及したことにより、キャッシュレス決済を望むお客さまも少なくないため、導入を検討してみるといいでしょう。

順番待ちシステム

人気店の場合、順番待ちのお客さまへの対応も必要となりますが、こちらもシステムの導入によって対応可能です。順番待ちシステムでは、店頭の端末やスマートフォンなどで受付を行うことで、自分の待ち時間や順番を確認できます。お客さまは自分の順番が近づいてきたらメールなどで案内してもらえるため、待ち時間を効率よく活用できるでしょう。また、飲食店側も順番待ちのお客さまへの対応に人員を割く必要がなくなるため、効率よく業務が行えます。システムによっては、お客さまの情報をデータベース化することもできるため、マーケティングなどにデータを活用することもできるでしょう。

混雑回避に活用できる順番待ちシステム

ここでは、順番待ちの発生に伴う混雑状況の回避に役立つ順番待ちシステムについて詳しく解説します。システムの導入を検討している飲食店の担当者は参考にしてみてください。

順番待ちシステム導入のメリット・デメリット

順番待ちシステムとは、お店の受付状況をスマートフォンなどで確認でき、お客の待ち時間削減、混雑回避につながるシステムのことです。ここでは、飲食店が順番待ちシステムを導入することでどのようなメリットが得られるのか解説します。

順番待ちシステムのメリット

順番待ちシステムを導入する一番のメリットは混雑状況の回避ができることです。お客はシステムを通して順番待ちの受付ができるため、実際にお店の前で並んで待つ必要がありません。順番待ちの列ができることもなく混雑回避が可能です。

待ち時間の間、お客は別のお店で買い物をしたり、他の用事を済ませたりもできるため、時間の有効活用になります。

また、順番待ちをしているお客の案内に従業員を割く必要もなくなるため、業務効率化にもつながるでしょう。

順番待ちシステムのデメリット

順番待ちシステムを導入する場合、その操作性に注意する必要があります。これは、システムがお客にとって操作しにくいものだとクレームにつながる恐れがあるほか、他のお店に流れてしまう可能性もあるためです。そのため、システム導入にあたっては、お客にとって使いやすいシステムであるかどうか確認し、導入後も操作方法を詳しく説明する看板を用意するなどするといいでしょう。

まとめ

今回は、飲食店の業務効率化を進めるための方法としてITツール・システムを紹介しました。人手不足に悩む飲食店にとって、ITツールの活用やDX推進は状況を打開するポイントとなります。注文やレジ、順番待ちなど飲食店にも導入できるシステムは多数あります。現状を変えたい!と思われるマネジメント層の方はこの機会にぜひ導入を検討してみてください。飲食DXは相当なスピードで進化しています。周りの店舗に乗り遅れないためにも。


ライタープロフィール

S.K

海外在住のフリーライター

タイトルとURLをコピーしました